Lift-in Construction method
リフトイン工法更生

既設管に強プラ(FRPM)管を搬入。軌条不要で長距離搬送・大口径に対応。

  • 下水道分野(小・中口径)
  • 下水道分野(大口径)
  • プラント分野
  • 空港分野
  • 鉄道分野
  • 適用既設管径:800〜2,600mm

工法概要

軽量・高強度・高内圧・耐食性に優れた自立管による改修工法として注目を集め、更に軌条不要の管搬送を実現して長距離施工も可能としました。
また、ライフサイクルコスト(LCC)の軽減という時代要請にも応え、経済的かつ高性能な水路改修工法です。

工法分類
さや(鞘)工法
構造形式
自立管,ライニング管
適用(既設管口径・延長)
口径:φ800~2600mm
サイズダウン:既設管に対し1~2口径縮小
適応水圧:最大1.3MPa(ライニング管0.7MPa)
延長:最大2,000m程度

特徴

  1. 管径が自由に設定できる
  2. 工場生産のFRPM管で更生し優れた品質確保
  3. 大口径かつ高内水圧の設計が可能
  4. 自立管,薄肉品のライニング管またFRP製異形管と品揃えも豊富
  5. 効率的な運搬施工(軌条不要)低重心バッテリーカー,カゴ型運搬台車を使用
  6. 長距離かつスピード施工に対応
  7. 工期短縮により経済性に優れる
  8. 50年相当の耐久性がある
  9. 耐震性が付与できる

Before

After

Solution工法・施工例 TOPへ

Contact お問い合わせ

工法の詳細についてやご相談、その他さまざまなご質問を承ります。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら